ホーム イブキクラフトホームページへ
サイトマップ
ホーム コンセプト カタログ 素材について お問い合せ    
天然木は木目の美しさやそのやさしい雰囲気が大きな魅力です。
マイスターハンドの木製品はインドネシア・中国・日本で生産しています。
天然木は、同じ種類の木から採れた材でも木目・色などが木取りの場所によって異なるため、木目の出かたや色合いがひとつひとつ違います。
使っていくうちに味わいを増すところもまた天然の木の良さです。ご理解くださいますようお願いいたします。
また、ハンドメイドのものはサイズ・形に多少の違いが出ます。ご了承ください。
木には吸水性があり、水分を吸うことにより変形や汚れの原因になることがあります。
※食事まわりのアイテムで 食器洗い乾燥機×

塗装や仕上げ、アイテムによってお手入れに違いがありますので、それぞれの取り扱い説明書をご確認ください。
例外もありますが、ここでは塗装の有無や仕上げ別に基本的なお取り扱いについてご説明します。
ウレタン塗装はキッチン、インテリア用品などに幅広く使われる一般的な塗装です。
木には吸水性がありますが、ウレタン塗装することにより表面がコーティングされ水分の浸透や汚れを防ぐので、
塗装のないものと比べてお手入れがしやすくなります。 
※ウレタンは食品衛生法で認められたものを使用しています。

キッチンツールやカトラリーなど食事まわりのアイテムで食器洗い乾燥機の使用はできません。
ご使用後はなるべく早めに柔らかい布やスポンジなどに食器用の中性洗剤をつけて手洗いし、
ふきんで水分を拭き取ってよく乾燥させてから収納してください。
また水に浸け置きしないでください。痛むのが早まり反りや割れ、変色の原因になります。
塗装はしてありますが、ご使用時以外は水分を避けていただくことが長くお使いいただくためのポイントです。

キッチン・インテリア雑貨などのアイテムは乾拭きや、固く搾った布巾等で水拭きをしていただくか、
塗装してある木製品に使用できる市販の洗剤をご使用ください。
ワックスは無塗装の製品を運送時や売り場での乾燥から木肌を保護するために使用しています。
表面をコーティングする塗装ではありませんので、使っていくうちにだんだん取れてゆき、
天然木の素朴な表情が味わいを深めていきます。
※ワックスは口に入っても安全なものを使用しています。

キッチンツールやカトラリー、器など食事まわりのアイテムで食器洗い乾燥機の使用はできません。
ご使用後はなるべく早めに柔らかい布やスポンジなどに食器用の中性洗剤をつけて手洗いし、
ふきんで水分を拭き取ってよく乾燥させてから収納してください。
また水に浸け置きしないでください。痛むのが早まり反りや割れ、変色の原因になります。
塗装のあるものと比べ水分を吸収しますので、ご使用時以外は水分を避けてよく乾燥させていただくことが
長くお使いいただくポイントになります。
乾燥が不完全ですとカビやにおいの原因になりますのでご注意ください。
 ※カビが発生した場合は市販の台所用漂白剤をご使用ください。
ご使用になるうちに表面が白っぽくかさかさした感じになってきましたら、
下記の「天然木/ワックス仕上げの商品のお手入れ」を参考にお手入れをしてください。
また色の濃い食品(カレーなど)や油ものの染み込みが気になる時は、
ご使用の前に同様のお手入れをしてください。

キッチン・インテリア雑貨などのアイテムは乾拭きや、固く搾った布巾等で水拭きしてください。
洗浄を繰り返す台所まわりのアイテムほど気になることはないと思いますが、かさかさが気になった場合は
こちらも下記の「天然木/ワックス仕上げの商品のお手入れ」を参考にお手入れをしてください。
水洗いを繰り返すカトラリーやキッチンツールなどは、ご使用になるうちに表面が白っぽくかさかさした感じになってきます。
これは保護用のワックスや木の持っている油分が洗うことによって取れてゆき、木に油分が不足している状態です。
油分の不足は、水分・油分を吸収しやすいということに繋がり、そのまま使い続けると歪みや反りの原因になったり、
油ものや水気のある料理などが染み込みやすくなり、汚れの原因になったりします。
表面が白っぽくかさかさした感じになってきたり、食品からのしみ込みが気になるときは植物性の油を布等に含ませて
拭き込んでください。オイルでお手入れすることで乾燥からくる反りや割れの防止にもなります。
また同様のお手入れをご使用前に行うとしみ込みや色・におい移りを防止するのに効果的です。
油はくるみ油やえごま油など塗ると乾くタイプの油がおすすめですが、普段お使いの植物油でも代用できます。
香りの強くない油がおすすめです。オリーブオイルを使う場合はベタつきやすいので様子を見ながら少量ずつ塗ってください。
ついてしまったしみが気になる場合も同じようにしていただくと落ち着いてきます。
拭き込んだ後は油が浸透するまでよく乾かしてから収納してください。
ときどきこのようなお手入れをしていただくことで、木肌がしっとりと艶を増して味わいが深くなってゆき、
長くお使いいただくことができます。
天然木そのものの性質や質感を生かすため、塗装やワックス仕上げをしていない商品もあります。
「技物専科」シリーズの米びつのように桐の特性である防虫恒湿効果を生かすために、
また「ヒュッテ」シリーズの木のお花はアロマオイルが染み込むようになど、
あえて無塗装を選択しています。
こちらの特性やお取扱いについてはそれぞれの取扱説明書でご確認ください。
ここではお問い合わせの多い米びつのお手入れについてご紹介します。
桐には昆虫を寄せ付けない成分(パウロニン、セサミン等)が多く含まれていますが、
気温や湿度等、ご使用環境によって防虫効果が低下することがあります。
発送前にも入念な検品、清掃をしておりますが小さな虫が侵入、発生した場合は
次のように処理を施していただくことで除虫できます。

  ・掃除機で、虫と米びつのつなぎ目部分(内側の全ての角の部分)をよく吸ってください。
  ・薬局等で購入可能な「消毒用アルコール」を米びつのつなぎ目に沿って筆等で塗り込んでください。
   ※市販されている消毒用のアルコールは水分量が多いため、桐が毛羽立ちやすいのでご注意ください。
    毛羽立ちが気になる場合は細かめの紙やすり等で毛羽立ちを落としてください。
  ・湿度の低いよく乾燥した天候時に、アルコール臭が消える程度に米びつを干してください。
   直射日光を避けて風通しの良い場所での陰干しをお勧めします。
   (直射日光に長時間当てると変形や割れ、変色の原因になりますのでご注意ください)
  ・その後はなるべく湿気の少ないところに置いてご使用ください。

※侵入、発生する可能性の高い『チャタテムシ』(大きさ0.5mm程度)は、形状はダニのようですが別種であり、
 屋内の湿気の多い場所等(カビの胞子を餌とする)で普通に見られる人体に無害な不快害虫です。
 米の害虫ではありません。
※チャタテムシは恒常的に存在しているので、使用される環境によってはアルコール処理した後も再び侵入、
 発生することがあります。

[普段のお手入れ]
保存に適す恒湿作用を長持ちさせるために、普段のお手入れとして米びつが空になった時などにも米粉や木粉をよく払い、
直射日光を避けて風通しの良い場所での陰干しをお勧めします。
※直射日光に長時間当てると変形の原因になりますのでご注意ください。
 
   
www.meisterhand-i.com
Copyright 2004 ibuki craft co.,ltd. All Rights Reserved.
 
プライバシーポリシー